<< 水彩メイキング的なもの
【TTF2】制作過程なども少々。 >>
メイキング的なやつその2
2018-02-14 23:25:11  | コメント(8)
お久しぶりです、こむるです。
今回は、こむるが普段どれくらいぐだぐだで絵を描いているかをさらしてみようという試みですよ。

i282541i290084

1.こーんな感じで描きたいな~と適当にがりがり。

2.迷い線だの消しゴムのあとだので紙が大変なことになってきたのでトレース。デザインの方向性がなんとなく決まる。で、背景どうしようかな~と迷走が始まる。

3.よくわからなくなってきたのでもう一回トレース。とりあえず確定した線が迷子にならないようにところどころペン入れしておく。

4.どうしてこうなった。


背景に困ったら、とりあえずなんかよくわからないけど草とか木とか生やしとけばいいやってなるのが、こむるの悪い癖です。
あと、定期的に楽器を持たせたくなります。
ちなみに、木を描くときは筆ペンでざっくり水墨画の人になった気分であたりをとると、なんとなく幹の感じとか枝の形とかがつかみやすいです。(※これは個人の感想であり、効果・効能を保証するものではありません。)みんなも困ったら筆ペンで木を描こう!
余談その2、女の子の手を描くときは、人差し指に最も神経を使う。次点に小指。残りの指は人差し指や小指に、こう、添えるだけみたいな。

i290085

5.がんばってトレース。左利きのこむるは、鉛筆で描く場合右側から写していかないと画面が汚れてしまうわけだけど、しょっちゅう自分の書きやすいところから描き始めてしまって泣く。

6.パネルに水張り。本当は水張りの後で線画を描くほうがいいってわかっている、わかっているんだ。

7.薄いところから色を塗る。今回は、下書き段階からちゃんと色をイメージできていたのであんまり困っていない。

8.水張りしたときか線画作業のときか、紙がこすれていたらしいことが発覚。やる気ゲージがマイナスになる。でもまあ、一応完成させておこうかなあ~適当だけど。な投げやり感が画面全体から漂う出来上がりがこちら。↓

i290087

なんかこんな感じで塗りたかったんだよ!っていう気分は味わえる……かもしれない。
当初はラフから下書きに至るまでのぐだぐだっぷりをお見せする予定が、色塗り段階までもぐだぐだっていう。

さっくりきっちり描ける人たちがうらやましいなあ。すごいよねえ。

それでは、またの機会に。
 


汀雲様

はじめまして!
見る専ではありますが、企画楽しませていただいています。でもそろそろ参加しようかなーと考えています。

その4のセルフ突っ込みはですね……こむるがリアルでつぶやいた言葉でもあります。ちゃんと背景を描けるようにならないとなあと、いつも思うのです。

メイキングだけでなく普段の落書きまで見てくださったとは、光栄です。また機会がありましたら、よろしくお付き合いください。m(_ _)m
投稿者:押根こむる  [ 2018-02-17 23:46:36 ]


 はじめまして。

 丁寧に段階を踏んで作成されていく様子を拝見できてうれしいです。
 下書きの構想の変遷も興味深いし、装飾の細かさにも魅入ってしまいます。
 また、ちょくちょく入るご自身へのツッコミ(?)も楽しませてもらいました^^(特に工程4)

 こうしたメイキングを見ると、やっぱり自分もアナログでの塗りをしたくなりますねぇ(技術は置いといて)。

 前回のメイキングのイラストも素敵でしたが、今回のも。また、落書きと題されたものも素敵可愛いですね。
 これからも楽しみにしております。
投稿者:汀雲  [ 2018-02-17 22:16:51 ]


書いたはずのコメントが反映されてない不思議


おうち穂里様

はじめまして!
実はこむるも、なんとお美しい色づかいだろうとたびたび拝見しておりました。マットな質感というのでしょうか、イラストの雰囲気によく合っているなあと惚れ惚れします。

この度はお褒めの言葉をいただき、ありがとうございます。おかげ様で、なるほど自分の絵は繊細さが持ち味なのねと、ポジティブシンキングになれそうです。
ただ、線画のあとに水張りは、鉛筆の粉がこすれたり線が微妙に歪んだりする恐れがあるので、あまりおすすめはできないかもです……。少なくともペン入れは推奨かなぁ。


またなにか機会がありましたら、お声をかけてやってください!




氷雪の詩は、自分でもなかなか頑張ったと思える一枚です。これまであまり濃い色を使ってこなかったので、いろいろ発見がありました。透明水彩って、光を透過するからカメラで撮ったりスキャナーで取り込むと、筆のあとがかなりはっきり出てしまうのね、みたいな。でも、そのおかげで針葉樹の雰囲気はよくなったかなとも思うわけです。 
インスピレーションを与えてくれる存在というのは、それが何であれ素晴らしい宝物だと日々感じております。
投稿者:押根こむる  [ 2018-02-16 23:26:09 ]


はじめまして、こんばんは。 おうち穂里と申します。

以前から繊細で可愛らしくて優しい雰囲気に満ちたイラストを、ホクホクした幸せな気持ちで拝見いたしておりました。
自分は、今でこそこちらに置かせて頂いているようなイラストはデジタルに移行していますが、アナログ(しかも水彩!)大好きなので、押根さまのイラストには自然目が吸い寄せられてしまいます。(ストーカー的な発言ですみません;)

下絵から完成まで、大雑把な私からすると本当にとても丁寧に緻密に描かれていて(ぐだぐだじゃないいですよ!)、ああ、だから最終的にこんなに綺麗で雰囲気の良いイラストが出来るんだー、とすごく納得しました。 同時に、自分に対しては反省点ばかりを発見したり……。
ただ一点びっくりしたのは、線画を描かれた後に水張りをされていること! これ、慣れてないとできない技だと思いました。

はっ。 初めてのコメントなのに、長々と失礼を致しました。
これからも押根さまのイラスト、こっそり楽しみに致しております!
(御自身の作品のイラストではないですが「「氷雪の詩」より」というタイトルのイラスト、とても好きです。 色も雰囲気(冷えた空気感)もとても美しいです。)
投稿者:おうち 穂里  [ 2018-02-16 00:03:53 ]


一条かむ様

はじめまして!
きれいな絵だなー、こんな風に描けたらいいのになあとこっそり拝見していた方たちからコメントをいただくと、なんともありがたいというか恐れ多いというか……

アドリブ力のないこむるは、下書きからきっちり書き込んでおかないと上手くいかないんですよね。その辺がたぶん筆の遅さにつながっているのかと。

これでもかと装飾をつけたり服の模様を描きこみたい、なんなら背景をアラベスク文様で埋め尽くしたいい、でもそれを実現させるだけの腕がないのが辛い……

ぐだぐだメイキングを楽しんでいただいたようでなによりです!また機会がありましたら、よろしくお付き合いください。
投稿者:押根こむる  [ 2018-02-15 20:23:12 ]


はじめまして。
メイキングと聞いてやって参りました。

何だか、見ているとアナログで描きたくなってくるような素敵なメイキングですね!うずうずして来ます。
前に書かれてたメイキング・ブログの時も思いましたけれど、下書きの段階から丁寧に書き込みなさってますよね。じっと見つめてしまいました。特に髪の毛!細かいー。装飾も手が込んでますね。

思いつきで途中から色々書き足しちゃう私としては、もっとイメージをしっかり持たねばならぬと反省しました…。(しかも、描きはじめは性別位しか決めてないからね(°_°))

楽しみにしていますので、またメイキングを見せてくださいね!
投稿者:一条かむ  [ 2018-02-15 19:09:10 ]


Mick様

わ、はじめまして!
こちらこそ、いつも美しい絵をお描きになるなあと拝見しておりました。コメントありがとうございます。

自分も集中力がなくて、きっちり仕上げなきゃ、でもめんどくさい、いやしかし……と脳内で戦っております(そして大抵負ける)。

物語性があると言っていただけて、とてもうれしいです。これからもよろしくお願いします。m(_ _)m
投稿者:押根こむる  [ 2018-02-15 11:43:39 ]


初めまして(^^)
いつも密かにアナログ絵の仕上がっていく様子を楽しみにしておりました。
押根様からしたら雑な部分があるのかもしれませんが、ラフ段階までしか集中力が持たない私としては、とても丁寧で繊細です。
見習いたいものです(毎回思いますが結局すぐ力尽きる 笑)。
装丁の美しいファンタジー本の挿絵のように、物語性のある絵ですね(*^_^*)

これからも陰ながら応援&楽しみにしております。
投稿者:Mick  [ 2018-02-15 09:27:04 ]