<< 昔の絵を晒してみる試み
グリザイユ画法に挑戦
2018-10-05 21:54:39  | コメント(6)
こんにちは、みてみんメイキング推進委員会のこむるです。明日からの大学祭のサークル展示でOB枠でイラストを出すことになりそうで、大急ぎで絵を仕上げました。ていうか台風大丈夫なのかな…

この前、グリザイユ楽しいよ~とおすすめされたのでやってみました。ちょうど厚塗りで肖像画っぽく描きたいのがあったので。
グリザイユ画法ってのは、初めに陰影をグレースケールでつけておいて、後から色レイヤーをオーバーレイやリニアカラーなんかの明るい部分を加算していく系(という認識でいいのよね?)のレイヤーモードで載せていくという絵の描き方で、たぶん厚塗りの一種になる…はず……


これがメイキングのgifアニメーション。



1枚目と2枚目の間になにがあった……!?
あ、いや。1日目にこーかなーどーかなーってぐりぐりやって、なんとなくどう描けばいいかわかったから2日目に描くスピードが上がった結果なんですよね。だいたい5枚目くらいまではその日の作業終わりを記録しといた感じなので。

今回は、肖像画っぽい感じに描きたかったので、普段の絵柄よりはリアルテイスト寄りで。完全左右対称ではないけど、左右反転させたときにそれなりに違和感のない程度には気を使って顔を整えている、つもりです(正面ってめんどくさ……あ、なんでもないです)。

ドレスの模様とか剣とかに手抜きと妥協が見られるけど気にしてはいけない。いけないったらいけない。

詳しい描き方なんて、適当に影になりそうなところを濃いグレーでぐりぐりやってハイライトを明るいグレーでぐりぐりやってスポイトしてなじませてぐりぐりやってなじませてそれらしくでっち上げる……としか言いようがない。
着色レイヤーは、今回はバケツ全開のベタ塗りだけど、グラデーションにしたりもっと細かく色分けをするのもいいと思われます。

個人的には、ドレスの胴体部分のしわとか割とうまくいったんじゃないかなと自画自賛しています(あと谷間! TANIMA!!)。


i333259

二見のぞみさん作『世界樹と七つの世界と時の魔女』
より時の魔女キャンディと混沌の蛇メビウス。
随所にこむるの心に突き刺さる印象的なセリフや文章が散りばめられている作品です。あと、無表情系ショタっ子大好物です(´~`)モグモグ。

厚塗り練習に快くキャラクターを使わせていただいてありがとうございました。m(__)m



おまけの水彩メイキング

i326015

画質とかサイズとかてんでバラバラだけど。
こんな感じ―ってパソコンで落書きしたのを→プリントアウトしてトレースしつついろいろ手直しして→真面目にラズベリーを描きこんでいく(途中で根気が続かなくて適当にごまかすことに決定)。



まずパネルとサイズをあわせて→その外側1センチに印をつけて切り取り→長辺の片方を折っておく。
裏面をスポンジとか刷毛でしっかり濡らして
折り曲げてあったところに合わせてパネルを置いてひっくり返し
紙の辺プラス2センチくらいに合わせて用意しておいた水張りテープののり面を濡らして、手早く紙を折りこみながら貼っていく。
平らなところに置いて乾かす(あ、ちょっと紙にしわが寄ってしまった……いや、しかし塗る部分にはかかってないし許容範囲内なので見なかったことn…)。

紙を1か所折っておくのは、パネルの位置を合わせやすいからなんですけど、別にそんなのなくてもできるしという人はやらなくていいと思う。
前に描いた時の水張りテープを適当にむしって次のを貼るといういいかげんっぷりが露呈してしまっていますね。そろそろ水でふやかしてきれいにしてあげようと思います(多分)。




色塗り。なんか森ガールな気分だったので、清書する直前で服のデザインを変えた。
やっぱり濃い色とか青系統って苦手…(´・ω・`)

i331216

それではまた次のメイキングで~。

 


白月さん

こんにちは!

グリザイユ君は、普段描かない絵柄と塗りかたで楽しかったです!でもあれですね、グリザイユ画法って、モノクロデッサンをやり慣れた人がやるともっと手際よくきれいにできるんだろうなあって思いました。
こむる、美術部には入ってなかったので、今更ながらにやっとけばよかったと後悔です(´・ω・`)

あと、金属の質感は苦手だったので、その辺の練習にもなった…かも?


水彩のほうは、苦手を克服しようと思ったんですよ、うん、思ったのよ……自分もパースのついた構図めっちゃんこ苦手!なので。
俯瞰って、首回りがなんか謎になりません? え、襟元をどう描けばいいの?って(^^;
結局今回も謎のままでした。次描くことがあればもっと研究しようと思います。


こむるも、白月さんのタロットとっても楽しみです!コメントありがとうございました~(*´∀`*)
投稿者:押根こむる  [ 2018-10-08 18:26:47 ]


こんにちは〜!!
コメントしようとすると家人の邪魔が入り遅くなってしまいました(^^;

グリザイユで塗られた方はすごい迫力!ですね。
服のシワや小物類の濃淡が綺麗です。
こうゆう塗りできないので、ただひたすらすごーいとgifを食い入るように見つめしまいました。
水彩画とは一味違って、かっこいいです。

水彩の方は遠近がきいてて、難しい構図で、最初見たときはおお!っと思いました。
パースっていうんですかね?白月はこうゆうの下手なので、羨望の眼差しです(o^^o)
しかも細部まで細かく丁寧なお仕事ですね。

こむるさんの絵をまじまじ見ていたら、白月が苦手としているものがたくさん見えてきた……ちょっとがんばらなくては…う、うん。

こむるさんのふんわりした絵柄好きなので、タロットも新しいイラストもまた楽しみにしていますね!ではでは、ステキなメイキングありがとうございました〜☆
投稿者:白月舞依  [ 2018-10-08 16:48:25 ]


ちはやさん

こんにちはー!
自分でも1枚目と2枚目の進化にびっくりです。
今回、完全ノープランで描き始めたもので、ごくたま~に細かいところを別レイヤーでちょこちょこっと描いてた以外はほんとにレイヤー1枚で描いてたんですよね。
なので、色をつけるときにものすごくパーツ分けがめんどうでした……(´・ω・`)
次からは、せめて最低限のパーツごとにレイヤーを分けようと思います。


こむるは描いてるとものすごく画面が汚くなる系の人なので、きっちり下書きを仕上げてからそれをトレースしないと紙がひどいことになってしまうのです。
水張りって、固定することで濡れた紙が乾くときの形の変化をこっちで決めてやる作業なので、乾かしちゃってから貼るのって難易度が高いのかもしれませんね。
裏だけに水を塗って、乾ききる前にマスキングとか……粘着力が弱いかな…。そういえば、どこかでガムテープで水張りをしてる猛者を見かけましたけど、画板がすごいことになりそうですね(^^;
投稿者:押根こむる  [ 2018-10-07 15:00:54 ]


汀雲さん

こんにちはー!
服の質感、自分でももう一度やれって言われてできるか自信がないですね~。現に、長手袋のところで胴体部分の質感を再現するのに相当苦しんだ覚えが…(できてない)
オーバーレイだけじゃなくていろんなレイヤーモードで遊ぶのも楽しそうですよね!

こむるも、昔はイラストボードに描くことが多かったんですけど、やつはすぐに反るし、糊がついてしまっているのか絵の具をはじく部分があったり、そもそも紙質の問題で水彩には向いてないしで、最終的には水張りするか……(´・ω・`)ってことになったんですよね。
でもわりと適当なので、あまり参考にはしないほうがいいかもです…。


こむるは男の人を描くのが苦手なので、かっこいいとおっしゃっていただけてうれしいです!ありがとうございます!
そうそう、濃淡でごまかしていくスタイルで。でも背景らしく自己主張を控えてくれる感じになったのはうまくいったのかも?

汀雲さんのタロット楽しみにしています~(*´∀`*)
投稿者:押根こむる  [ 2018-10-07 14:43:50 ]


グリザイユ1枚目から2枚目の進化に驚きです。
少ないレイヤー数でここまでサラサラな髪と表情を柔らかな服を表現できるとは。デジタルもアナログも何でもござれとはうらやましいです(*ノ´□`)ノ
私もグリザイユがんばろう!
水張りは、こむるさんは下絵を描いてから水張りする方法なのですね(*´ω`)
私いまだにうまく紙がはれずべこんてなります。
水彩と水張りはまだまだ不馴れだから参考になりますわ。
ほんわか優しいいろあいの年の差ラブ。
投稿者:ちはや れいめい  [ 2018-10-07 00:05:00 ]


 こんばんはー

 グリザイユのメイキング、同じ色調で進めていかれているのとリアル寄りのタッチも相まって、何かちょっと生きている感じがして……肖像画が動く、みたいな?
 でもでも綺麗で素敵なのには変わりなくって!
 髪のうねりも服の質感も細かいですねぇ。
 今回の着色はベタ塗りとのことですが、細かく色分けも良いですけど、さらに別レイヤーで重ねる(モードもいろいろ)のも良いかと思います。

 水彩の方もまともに水張りしたことないので興味津々で拝見。
 仕上がりはメイン二人が相変わらずかわいい&かっこいいのはもちろん、ベリーの葉の濃淡が素敵ですね。

 また楽しみにしてます^^
(自分はタロットので出来ればなぁと思ったり……)
投稿者:汀雲  [ 2018-10-06 23:28:25 ]